FX 決済しないとどうなるんですか?

FX 決済しないとどうなるんですか?

強制ロスカットとは、強制的に決済することです。FXでは、相場が変動して含み損が大きくなると、強制ロスカットが実行され、損失が確定します。

具体的には、証拠金維持率がFX業者が指定する水準を下回った場合に強制ロスカットが実行されます。

FXの決済に失敗すると、損失が膨らむ可能性がある

FXの決済に失敗した場合の最大のリスクは、損失が膨らむ可能性があることです。
保有しているポジションに対して相場が急に不利になると、多額の含み損を抱えたままポジションを保有することになりかねません。

また、十分な証拠金があったとしても、損失が膨らみすぎて証拠金維持率がFX会社の定める水準を下回り、強制ロスカットになる可能性もあります。

FX口座の決済を行わないと、証拠金維持率を下回る可能性があります

FXの決済に失敗した場合のもう一つのリスクは、証拠金維持率がFX会社の指定する水準を下回ってしまうことです。
これは、口座の解約を忘れたり、大きな含み損を抱えて取引可能な証拠金を使い果たしてしまったりした場合に起こり得ます。

この場合、ポジションをカバーする十分な資金があったとしても、強制ロスカットが発動される可能性があります。

外国為替市場での決済に失敗すると、強制ロスカットになる場合があります。

強制ロスカットの結果、損失が確定し、建玉を決済する必要があります。

強制ロスカットが実行された場合、残りの証拠金で他の建玉をカバーできない場合は、追加でマージンコールを受けることもあります。さらに、その後のマージンコールに応じない場合、FX会社から損切り手数料を請求されることもあります。

まとめ

FX取引を行う際には、適時に決済することを忘れないようにすることが大切です。

決済を怠ると、損失が膨らんだり、強制的にロスカットされたりして、取引口座や財務状況全体に大きな影響を与える可能性があります。
したがって、常に証拠金維持率を意識し、適時に未決済ポジションを決済することが重要です。